薄毛で辛かった体験女性編|髪が薄いから起きた恥ずかしくて悔しい体験

薄毛脳辛い体験

【42歳女性】
髪が薄くなってきたなと思ったのは25歳のころです。

詳しい原因はよくわかりませんが当時市販のヘアカラーを何度もしていて髪が傷んでしまったこと、さらに食べないなど過度なダイエットをしていたことが原因だと思います。

辛かったことは周りの目を気にしすぎてしまうようになったことです。

ちょうどその時学生時代の友人の結婚式があり久しぶりに同級生に会うことになったのですが、普通は懐かしい友人達に会うのは楽しみですよね?私は嫌でした。

薄毛だったので、どうしたんだろう?と思われるのが嫌でしたし薄毛なので老けた印象を持たれるのではと思いました。

私の考えすぎかもしれませんが何かいわれてたりしないかな?と。

当日は美容室でセットしてもらったりとなんとかバレなかったなと思いましたが、せっかくの幸せな場所で他のことを気にしてしまうことがつらかったです。

またおしゃれが楽しめなくなってしまったこともつらかったです。薄毛なのでポニーテールにしてもなんだかボリュームがでずにキマらないですし、元々は剛毛な方の髪質だったので昔と比較してしまい悲しくなりました。

改善方法として、まずは市販のヘアカラーをすることをやめたり、美容室でのヘアカラーもしないようにしました。地毛のままにしています。

また、シャンプーを美容師さんに相談し自分の髪にあったシャンプーを使うようしました。そしてダイエットをやめて体によい食べ物をたべるようにしました。

悩んでから3年ほどですが髪が綺麗になってきましたし美容師さんにも以前より綺麗になったといわれたので頑張ってよかったなと思います。
【43歳女性】
髪が薄くなってきたのは、35歳の頃でした。30歳の時に産後うつ病を患いずっと治療を続けてきました。

しかし、なかなか治らずに、先生から薬を変える提案を受けました。

わたしは、薬のことは先生にお任せしていたので、先生の指示通りに新しい薬を飲み始めたのですが、その薬を飲み始めて1週間経った頃から劇的に体調が良くなったのです。

やっと体質に合う薬が見つかったと喜んでいたのですが、ある日気付くと枕にたくさんの髪の毛が付いていました。

それでも、大して気にはしていなかったのですが、髪の毛を洗った時にも大量に抜け毛が手に絡みつくようになり、さすがに「これはおかしい」と思いました。

その後も、床にはわたしの髪が散乱しているような状態で、みるみるうちに髪の毛が薄くなって行ったのです。

先生に相談しましたが、とにかくうつ病を治すことが先決だから、髪のことは我慢するように言われました。

先生の言い分にも一理ありましたし、何よりわたし自身体調が良く毎日が楽に暮らせるようになっていたのであえて副作用の脱毛には目を瞑ることにしたのです。

それにしても、抗がん剤の副作用並みに抜けていく髪を見るのは辛かったです。もともと、髪が豊かな方だっただけにそのギャップも激しく鏡を見るのが嫌になりました。

結局、その薬を飲んだ期間は2年に及びました。わたしの髪は、見るも無残な状態に。もうそれ以上耐えられなくなり先生に薬の中止をお願いしました。

それから、抜け毛は止まり徐々に髪の毛は増えて来ています。それにしても、薬の副作用の怖さを思い知りました。
【40歳女性】
一番薄毛に悩んでいたのは受験でストレスマックス、追い詰められて精神科にもお世話になった高校3年生の時でした。

ある日鏡をみていたら、前髪のところが薄くなってるなあ、と思ったのです。気になって色んな角度でみてみると頂点から前髪にかけてえらく薄毛になっており、地肌がかなり見えていることに気がつきました。

まだ18歳なのに!と目の前が暗くなったのを覚えています。

学校には帽子などは校則でかぶってはいけませんから、仕方なく短い前髪でしたが上に上げてなんとか捻ってピン止めし、誤魔化せていたかは判りませんがそうやって過ごしました。

ところが2月くらいやっと受験から開放されると思った矢先、家族と待ち合わせしていたので大阪に出たところ、途上で化粧品のキャッチにあったのです。

そして「まだ高校生ですから」と断った私の顔を驚いた表情で凝視したお姉さん2人は、すみませんでしたーと謝ってくれたのですが背中を向けたときに「やだ、絶対30代だと思った」「だってあの薄毛はねえ・・・高校生だって!」といっているのが聞こえたのです。受験が終わることに喜んで油断し、帽子を被っていない時でした。とても恥かしくて居た堪れなく、その場から走って逃げました。

ストレスの元である受験が終わったことで、大学生になれば多少髪は生えてきましたしマシにはなりました。

しかし相変わらず前髪のところは光を当てると頭皮が目立ちますし、色もなんだか赤っぽくていかにも皮膚が傷んでいる、という感じです。

色んなところで話を聞いたり調べたりして、まずは頭皮の改善をするためにシャンプーを石鹸にリンスをお酢に変えてみたところ、これが良かったのか頭皮の赤味はなくなってくれました。

それから髪の量が戻ることはなかったのですが、出産後にも抜け毛は酷かったので40代になったらもうカツラにしようかなと考えています。
【47歳女性】
髪の毛の毛量が多く一本一本が太くて黒黒していて重い印象だった私ですが、30代になってから厚みがなくなり髪の毛の色も茶色に変わってきました。

その頃は、カラーリングしなくてラッキーくらいにしか思っていなかったんです。

しかし、そこからカラーリング剤が沁みたりパーマ液が沁みて痛みに耐えられず断念する事も多くなりました。

頭皮が過敏になってしまったせいかもしれないですが、今思えば年齢的にNGだったんでしょうね。

自分で薄毛を実感したのは45才の時です。約二年前の事です。頭皮が痒くて、抜け毛が増えていることは実感していましたがそれほど深刻には考えていませんでした。

周りにいる50代くらいの年齢の人でも頭頂部が薄毛になっている人や毛量が多い人など様々だったので自分が薄毛になるなんて思ってもみませんでした。

普段は、分け目を作らずに髪をお団子にまとめるヘアスタイルかハーフアップにするようにしていたのですが、いつもと違うヘアアレンジをしようとした時に髪の毛の量が少ない事に気が付きました。

鏡を見てみると頭頂部とこめかみ部分がうっすらとハゲているんです。 驚きと共に恥ずかしさでいっぱいになってしまったので、その足で育毛ローションと育毛シャンプーを購入しました。

幸い肌にあっていたみたいで、一か月もしないうちに抜け毛も減ってきて薄毛で気になっていた部分にも髪の毛が生えていました。

更年期の時期によくある症状らしいので更年期にいいというサプリメントも購入して飲み始めたら頭皮トラブルもなく抜け毛も再発していません。

薄毛の男性は恋愛対象になる?|ハゲは若い女性と付き合える?